2007年11月28日

遠藤義明[ROME SDS]が優勝しました!

11月24日朝8:00〜翌25日の朝7:00までオールナイトで今回日本で初開催された、スノーボードと音楽を融合させたイベント"SNOWBOMING"【以前の記事】で行われたJIBセッションにて、ROME SDSの遠藤義明が優勝しました!

ROME遠藤義明1127今回優勝した遠藤"エンドゥー"義明
当日の使用ギアは、ARTIFACT 153と390の組み合わせ。
(画像をクリックで拡大します)
*ROMEのギアを詳しく知るはコチラから。
*エンドゥー自身の運営するブログサイトはコチラから
(全て別ウィンドウで開きます)


このJIBセッションは、24日AM9:00〜(DAYセッション)と、25日AM1:00〜(NIGHTセッション)の2回、会場エリア内に設置された雪番長パークで行われました。
DAYセッションはアマチュアを対象とし、NIGHTセッションはプロアマオープンで行われて優勝者の賞金は10万円。ROMEからNIGHTセッションに参加したのは、遠藤義明と荒木直子の2名(推薦枠のため決勝から)。直前に行われたアマ予選ではROMEの青木敬司が見事1位通過。アイテムはイエティでは毎度お馴染みの通称“光るレール”を2本つなげた特設アイテム。(フラット4mとウェーブ4mを繋げた、意外と難しいセクション:下の写真左)AM1:00〜開催と真夜中にも関わらず200名以上のギャラリーが観戦し、非常に盛り上がりました。(下の写真右)

雪番長レイルセクション 雪番長セクション2

アマ予選は約30名による30分のジャムセッションが行われましたが、参加者全員でも50/50以外のトリックで、ボードスライドで完全メイクした本数はわずか10本程度。その中でROMEの青木敬司が完全メイクした数は、なんと5本!そんな、圧勝状態で決勝へ進出。その中でも、バターinのスイッチFSボードスライド全流しとFS270inの270outは素晴らしく、プロでも難しいトリックを決めてくれていました!
NIGHTセッションの決勝は、20名の推薦枠選手とアマ予選を勝ち進んだ5名の総勢25名で30分間のジャムセッションで行われ。ジャッジングは参加ライダーの投票(自分以外の3名を選んで投票する形式)によって行われました。決勝の開始時刻はAM2:00という過酷な条件の中でも、大信雄一、戸田マサキ、田栗ケンジ、渋谷ケン、中山悠也、伊藤修司、白波瀬マーボー、チョコバニラボール新井、降旗由紀、岩本郁代など多くの有名ライダーが参加していました。さすがにオープンクラスの決勝は、完全メイクは当たり前のハイレベル。レールの最後にあるウェーブが難易度を高めていましたが、転倒するライダーは少なかったです。
ROMEから出場した荒木直子は、1本目から50/50をメイクし、2本目はFSボードスライドを8割メイク。中盤では女性で唯一となる、FSボードスライドを完全メイク。そこからセッション終了まで、ひたすらノーリーバックサイドリップスライドにチャレンジし続けましたが、残念ながらメイク出来ず。しかし、最後までこの技にこだわりトライし続けた姿勢は参加者にも観戦したギャラリーにも伝わったと思います。
そして、今回の主役となる遠藤義明は、ほぼノーミスで毎回異なるトリックを魅せてくれ。ラストランでは、バックサイド270inのボードスライドからFSに乗せ変えて270outというものスゴいトリックをメイクしギャラリーを沸かせました。トータル的に安定感のある滑りと技数の多さ、更にギャラリーを沸かせた印象が強く残り、遠藤義明が他のライダーから支持され見事に優勝に輝きました!
表彰式の模様は以下の画像でご覧下さい(各画像をクリックで拡大します)
優勝スノーボーダー遠藤義明1 優勝スノーボーダー遠藤義明2 優勝スノーボーダー遠藤義明3

そして、最後に今回参加してくれたROMEクルー達と富士山!
ロームクルー1127

富士山の写真


posted by Staff |-_-| at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。