2011年11月14日

ROME SDS|Really!? 5 

renji_really5.jpg

11月13日に栃木県宇都宮市にある大型ショッピングモール、インターパークショッピングビレッジにて行われたジブイベント「Really!? 5」にRomeライダー上野恋慈、荒木直子、滝川航が出場し、上野恋慈がベストライダーに選ばれました。 レンジおめでとう!

プロライダーによるデモ滑走は11:30〜と14:30〜の2度行われ、ライダー約20名の中から観客のジャッジによって選出。最終的に上野と滝川の2人に絞られ、僅差で上野恋慈が優勝しました。 当日は天候もよく沢山のお客さんで賑わっていたモール内。セッションが始まると大勢の方が足を止め、ライダーの滑りを観て楽しまれていました。

アプローチとランディングに使われた雪は、会津高原南郷スキー場から当日の朝に運ばれた天然雪!
セッション終了後にはコースが解放され、雪遊びする子供達で賑わいました。

kou_ride.jpg
SWフロント@滝川航

naoko_ride.jpg
FSリップ@荒木直子

murasakiIPV.jpg
イベント終了後にモール内にあるムラサキスポーツインターパークビレッジ宇都宮店にて記念撮影


ライダーのセッティングは、

上野恋慈:ARTIFACT ROCKER 147cm、390BOSS [BLK]
荒木直子:LO-FI ROCKER 143cm、MADISON [MFR]、BASTILLE PureFlex [PURPLE/ACID GREEN]
滝川航:AGENT 152cm




posted by Staff |~_~| at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

ROME SDS|BEER THE WORLD ツアーが無事に終了しました 

e0120173_2222183.jpg

去る10月22日〜29日の日程で行われた、Whisper of Freedom―BEER THE WORLD TOUR 2011が無事に終了しました。 ツアータイトルからしてシラフな訳にはいきませんが、結果とんでもない量のアルコールを消費して出演陣も楽しませて頂きました。 全国の各会場へお越し頂いた皆様、ありがとうございました! 

ディレクターのKA2がツアー道中をレポートしてますので、是非ご覧ください。
http://adpas.exblog.jp/16379800/
まだDVDを観ていない方は、お近くのスノーボードショップでお買い求めくださいね!

ライダーブログでもレポートしていますのでどうぞ。
太田宜孝 Yoshitaka Ota blog

小西隆文 Takafumi Konishi blog

荒木直子 Naoko Araki blog



posted by Staff |~_~| at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

ROME SDS|The Shred Remains ワールドプレミアレポート

先日、RomeSDSチームDVD、The Shred Remainsの発売をご紹介しましたが、去る9月にバーモント州のRomeオフィス近くでワールドプレミア試写会が行われました。その時の取材記事がUS SNOWBOARDER MAGAZINE誌のWEBに掲載されていましたのでご紹介します。

The Shred Remains発売の記事はコチラ

以下、全文です
snowboarderMAG1.jpg

2週間前ハリケーン「アイリーン」が街のメインストリートや周りのコミュニティのほとんどを水没させたときには、バーモント州のウォーターベリーほどその状況を的確に表している名前を持つ街は世界中になかっただろう(←ウォーター=水、ベリー=埋める)。僕の東海岸ムービープレミアの旅第2章はニューヨークシティからグリーン・マウンテンズへの移動で始まり、「The Shred Remains」から漏れ出る友達やファミリー感を求めるだけでなく、自分の目でRome Snowboardsの本拠地が相変わらず同じか確かめる旅となった。午後遅くにウォーターベリーにあるオフィスを訪れた僕を待ち受けていたのは、SDSで起こっているすべてのことは独自のありえないかたちで通常通りに進行していることを認識させられたRomeの儀式だった。

snowboarderMAG2.jpg

地元のビールを手に、僕はいろいろな肩書きを持つ10人ぐらいの人たちの横に立っていた。すべての人がスノーボーダーで、Romeのヘッドクォーターとして使われているバーモントの農家から少し離れたところにいた。つい先日水浸しになった1階を乾燥させるために回されている工業用ファンの音を聞きながら、僕たちは頭を後ろに傾け、肘を回して空に向け祝砲を撃っていた。ここに着いた瞬間から明らかだったと思えたのは、Romeは常にRomeだということだった。

snowboarderMAG3.jpg

ムービーの製作者であるJohn Cavanが、彼の最新作である「The Shred Remains」を少し先に見るという特権を与えてくれた。「The Shred Remains」は彼のRomeにおける第3作にあたるが、デビュー作である「Iron Curtain」から数えると約10作のキャリアを誇っている。その間、ひとつ上のレベルのライディングを紹介し続けているCavanは落ち着いた、シネマ的なスタイルを作り上げてきた。

snowboarderMAG4.jpg

レッドカーペットの代わりとして、今回のプレミアはRomeのGeorge Egetの家で行われたバックヤード・バーベキューで、テネシー産のバーボン、洪水の被害にあった地元のビール、ガラス瓶に入った正体不明で非合法かもしれない透明な液体とともに始まった。最後の液体はその効力を発揮し、Romeのバッグやグローブの担当者であるGeorgeはオープニング・クレジットまで持たなかった。だがそうなったのは彼だけではなく、「The Shred Remains」の初めての大画面でのお披露目のとき、Romeの各部門の担当者たちは軒並みダウンしていた。

snowboarderMAG5.jpg

Romeのチームは最も多様なライダーの集まりといえるだろう。「Any Means」と「No Correct Way」という2本のチームビデオですでに才能を見せつけていたライダーたちもいれば、「The Shred Remains」のオープニングを飾ったJohnny Lazzareschiもいる。Lazzはその若さからジブが比較的多いもののオールラウンドなパートへと叩き込む。南カリフォルニア出身のライダーたちなら、ベア・マウンテンのメインのクアッドリフト近くのフラットバーでのシーンに息を飲むだろう。

snowboarderMAG6.jpg

Bjorn Leinesを「まだまだ現役」と評するのは、このレジェンドに対して失礼極まりないといえる。Bjorn独自のライディングは、今でこそMüller、Blauvelt、Jacksonなどのライダーが見せているものの、バックカントリー・フリースタイルのパイオニアであったことをうかがわせる。だがLeinesは今でもフェイキーへの、あるいはフェイキーからのミッドライン・ムーブでトレイルや大地を攻めている。Lazzと同様Stale Sandbechもアマ・アーミーから頭角を現し、プロとして活躍している。オリンピック出場というハーフパイプでの戦歴にもかかわらず、ストリートやダブルコークも含むパークジャンプのレパートリーにも事欠かない。最も新しいチームメンバーはカナダのRusty Ockendonで、アグレッシブなバックカントリー・ダブルコーク、ビッグなフラットスピン、エッグフリップ・トランスファーなどを見せる。Will Lavigneは恐らくRomeチームのなかでも最も適応力が高いプロだろう。バックカントリーを初めて滑るシーズンに、Lavigneは自分のテクニカルなストリートのアプローチをパウダーへと変換させ、結果を残してみせた。

snowboarderMAG7.png

MFRは「Any Means」で女性ライダーのビデオパートの概念を変えた。「The Shred Remains」では、最近Absintheで見せたバックカントリーでのライディングのさらに上を行き、ヘルシンキでのジブ、マルチ・キンクなどを見せる。これらのトリックやパウダーへのファイブが、スノーボーディングの歴史における最もオールラウンドな女性プロとしてのMFRのポジションをさらに確固たるものとしている。

snowboarderMAG8.png

ワシントン州グレイシャーで育ったLucas Debariは生まれたときからアルペンの王国を制することが決まっていたのだろう。オフピステのプリンスは「The Shred Remains」でも宝石のようなパートをものにしている。Debariに関しては余計な言葉は不要だろう。今回のムービーでも危険なシチュエーションを自ら求め、無傷で帰ってくる。Lucasは常に出口を決めず、躊躇などせず滑り降りる。最後のシーンは彼のライディングを象徴するかのようで、他のライダーだと、スロープがスライドし始めた瞬間ダメにしてしまうだろう。Debariは変わることなく、エアの後も勢いをキープし続ける。

snowboarderMAG9.png

「The Shred Remains」はLaurent Nicolas Paquinで終わりを迎える。彼のパートは、このフランス系カナディアンのファンなら誰でも前回のRomeチームビデオ以来待っていただろう。LNPはストリートでのライディングを大きく変えてきたが、独自の倫理観もあるようだ。レギュラーとスイッチ両方でのマルチ・キンクはLaurentが決めるジブのひとつに過ぎない。トランジション・ラインやアンコモン・ギャップでLNPのパートは盛り上がり、最後はチェーンからの270で締めくくる。あまりシリアスではないライダーが見せたシリアスなライディングである。

snowboarderMAG10.png

楽しませるためにあれもこれも詰め込んだ他のビデオとは違い、このビデオは参加ライダーたちのパッションを伝えるというその目的を達成するためだけにあるようだ。そこから生まれたのは、スノーボードを愛する者たちを熱狂させるムービーだ。間違いなく、「The Shred Remains」(=スノーボーディングはあり続ける)。

snowboarderMAG11.png

snowboarderMAG12.png

snowboarderMAG13.png

snowboarderMAG14.png

snowboarderMAG15.png

snowboarderMAG16.png

snowboarderMAG17.png

オリジナルの記事はこちらです→http://www.snowboardermag.com/exclusives/the-shred-remains-romes-world-premiere/
posted by Staff |~_~| at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

ROME SDS|The Shred Remains 発売決定!

TSR_Logo_FINAL.jpg

大変長らくお待たせしました!
RomeSDSチームムービー“The Shred Remains”が来週発売します。

「Any Means」2008年、「No Correct Way」2009年に続く待望の3作目。製作に2年かけ、撮影は北米、ヨーロッパ、日本で行われたフルレングス・スノーボード・フィルム。現在における最もプログレッシブでエキサイティングなスノーボーディングをお届けします。

一昨年は怪我でシーズン後半を棒に振ったLNPは、フッテージの大半を昨シーズンでフィルミング。独創的なスポットチョイス、トリックセンスで前作を凌ぐ凄まじいパートを見せます。 ビックマウンテンからハンドレールまで全てをこなす女性ライダーの頂点、MFRことMarie-France Royは、BCもストリートのフッテージもパワーアップしている。外見からは想像もつかないような力強いライディングで攻める。 90年代後半からのチームメイト達は今やレジェンドと呼ばれる存在、もはや説明不要のフリースタイラーBjorn Leinesだが、怪我からの復帰となった今回のパートでは一体どんなライディングを見せてくれるのか気になるファンも多いはず。 Mt.BakerローカルのLucas Debariは、Think Thank、Absinthe等で活躍し、2007年のMt.Bakerバンクドスラロームで優勝、昨年のビックタイトルDeeperにも出演し若干23歳にして世界最高峰のビックマウンテンライダーに成長した。 タホで育ち今や北米で行われるジブイベントで彼を欠かすことはない人気者、Johnny Lazzはオープニングパートに決まった。ユニークなキャラクターが印象のLAZZだが、ジブもジャンプもフルプッシュで突っ込み、ヤラれ、また突っ込んでいくイケイケな若者。 Sandboxで育ち今シーズンからRomeチームに入って瞬く間に頭角を現すオールマウンテン・フリースライラーRusty Ockenden。ファーストジャンプから全開でプッシュするスタイルは大勢のスノーボーダーからリスペクトされる所以。 お馴染みのハードコア・ガールズクルーPEEP SHOWに初年度から参加しているMarie Hucal。 ケベック州出身でアマ・アーミーから育ったWill Lavigne、Romeライダー歴も長くある意味Romeの目指すスノーボード像を映し出す男。派手さはないが男臭全開の滑りが魅力。昨年から本格的に撮りだしたBCでもいいフッテージを残しています。 TTRツアーにも積極的に出場しているスタイリッシュで将来有望な若手、Stale Sandbechはその天才的なスキルで知名度が急上昇している。彼のパートではコンテストで見せるライディングとは違った側面を見ることができ、同時に驚愕することだと思う。他アマ・アーミーたちの熱いライディングが登場する。

価格:4410円(税抜き4200円)
収録時間:58分
出演ライダー:LNP/MFR/Bjorn Leines/Lucas Debari/Johnny Lazz/Rusty Ockenden/Marie Hucal/Will Lavigne/Stale Sandbech/The AmArmy



johnny_lazzareschi_f8f81de-600x400.jpg
posted by Staff |~_~| at 18:35| Comment(0) | TrackBack(1) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

ROME SDS|BEER THE WORLD TOUR 2011 開催!

whisper of freedom.jpg

RomeSDSライダーが多数出演する話題作、WHISPER OF FREEDOMの試写会ツアーが行われます。
その名も「BEER THE WORLD TOUR 2011」。男女を問わずハタチを過ぎたスノーボーダーならSHREDの後に飲む缶ビールが最高!なわけですが、このツアーでは豪華出演ライダー達と一緒に作品を観ながらビールが飲めます。
来るシーズンに向け、ライダー達と共に作品をお楽しみください。

参加ライダー
太田宜孝/小西隆文/伊藤直樹/伊藤修司/藤田一海/荒木直子/中山悠也

スケジュール
■10月22日(土)、23日(日) 静岡
場所:静岡県富士宮市内房2193-8/ナチュラルアクションアウトドアツアーズ
時間 : 試写会party 22日(土)17:00〜
参加費 : 2000円 (1ドリンク、BBQ)
☆アーティストのライブもあります☆
KENTA HAYASHI/MIND GAMES
[お問い合わせ]
ナチュラルアクション アウトドアツアーズ
TEL 0544-65-1123

■10月24日(月)愛知
場所:愛知県刈谷市相生町2-37/和ダイニングZAWA(ざわ)
時間 : 19:00〜
参加費 : 4500円 (飲み放題!!&食べ放題!!)
[お問い合わせ]
和ダイニングZAWA(ざわ)
TEL 0566-23-1772

■10月25日(火)岐阜
場所:岐阜県高山市朝日町49/cafe&bar Bluck
時間 : 20:00〜
参加費 : 1000円 (1ドリンク、軽食)
[お問い合わせ]
cafe&bar Bluck
TEL 080-4220-2888

■10月26日(水)大阪
場所:大阪市西区南堀江2-12-21/Ca/she/wa
時間 : 21:00〜
参加費 : Free (飲食は各自で)
[お問い合わせ]
炭火焼き鳥 Ca/she/wa
TEL 06-7493-5487

■10月27日(木)京都
場所:京都市中京区富小路三上ル チキンノットビルヂング/chickennot
時間 : 20:00〜
参加費 : Free (ドリンク代は別途各自で必要になります)
[お問い合わせ]
CHICKENNOT
TEL 07-222-0664

■10月28日(金)島根
場所:島根県松江市東本町1-61-5 2F
時間 : 21:00〜
参加費 : 2500円(2ドリンク&フード)
[お問い合わせ]
defbrat
TEL 0852-59-3877

■10月29日(土)兵庫
PLAYDESIGN presents 『Helloween pastime#10 join THE play』
playdesign
場所:神戸深江浜 ZINK  (神戸市東灘区深江浜町 147-2-2F)
時間 : 21:00〜
参加費 : 前売 3,000円 / 当日 3,500円 (各1ドリンク代500円 別途必要)
[お問い合わせ]
※チケット取扱窓口
・ZINK 078-452-1009
・プレイデザイン 06-6532-7708

ツアーの詳細はhttp://adpas.exblog.jp/で随時公開中。

201110_14_73_e0120173_23174333.jpg
posted by Staff |~_~| at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

ROME SDS|Whisper of Freedom 試写会決定

RomeSDSライダーが多数出演している話題のスノーボードムービー「Whisper of Freedom」が10月22日・23日に静岡県のナチュラルアクション アウトドアツアーズにて試写会を行います。

様々なメディアで活躍するクリエーターのKA2@A.D.P…が2年の制作期間を経て完成させた渾身の一作。
出演ライダーの日常まで深く映し出された映像は、スノーボーダーのみならず映像、音楽、お酒(主にビール)、キャンプ、スケート、ラフティング、マウンテンバイク、ボルダリングなど、自然と触れ合うことが好きな人は必見です。
是非、今回の発売を記念したイベントにご参加ください。


【イベント詳細】
日時 : 2011年10月22日(土)、23日(日)
場所 : ナチュラルアクション アウトドアツアーズ
静岡県富士市内房 2193-8
http://www.naturalaction.co.jp

参加ライダー:太田宜孝、小西隆文、伊藤直樹、伊藤修司、藤田一海、荒木直子、中山悠也
作品内に楽曲を提供しているアーティストも参加予定☆

時間 : 17時〜
参加費 : 2000円 (1ドリンク、フリーフード)
※パーティーに参加させる方に限り、会場の横に特設キャンプサイトをご用意します。(無料)
10月22日(土)14:00〜/10月23日(日)〜14:00
(テント、寝袋等は各自ご用意下さい。)


【パーティーに参加される方に限り、スペシャルプランを用意しました!!】
通常7000円のラフティング・マウンテンバイクツアーをそれぞれ5000円に!!
パーティー費用とセット価格、7000円で販売します。(ウェットスーツ、ヘルメット等、レンタル無料)
日頃からガイドとして働いている伊藤直樹、伊藤修司、中山悠也がアテンドします!

☆ツアースケジュール☆
22日(土)、23日(日)のどちらか午前中の部となります。
(両日参加も可能。両日参加の場合は価格が変わりますのでお問い合わせ下さい。)

ツアーは、ラフティングかマウンテンバイクからお選び頂けます。
(ツアーには定員がございます。お早目にご予約お願い致します。定員に達した時点で締切させて致きます。ご了承下さい。)

※スケートランプも完備
スケートボードもお忘れ物なく☆

内容盛り沢山!!皆様のご来場お待ちしています☆遊びつくしましょう!

※お問い合わせ※
ナチュラルアクション アウトドアツアーズ
TEL 0544-65-1123
E-mail info@naturalaction.co.jp

_ka27392_effected.jpg

KA2@A.D.P…

1981年生まれ 東京在住 水瓶座O型

15歳から単身渡米。現地高校在学中にアートとスノーボードに出会う。
帰国後スノーボードのライダー活動をしながら、2000年にSNOWOLFを創設。
その頃から、写真・映像・編集・デザインを独学ながら活動を始める。

2005年 輝いている一瞬をテーマに、写真・映像プロダクション A.D.P… ALL STARSを旗揚げ。
様々な分野で活躍する人達にスポットをあて、全国・世界を回り始める。

2007年より、各地での個展やアパレルブランドとのコラボ企画などを開始。
雑誌・広告・新聞・イベント・DVD・PV・CM等数々の痕跡を残している。

独自の視点から、自然な動きと笑顔を作品の中におりまぜている。

Born in 1981, Living in Tokyo.
When I was in high school(Utah / U.S.A)I discovered Art and Snowboarding.
When I came back to Japan, I established ” SNOWOLF ” in 2000,while doing snowboarding as a rider.

Since 2005,I’ve started ” A.D.P… ALL STARS ” - a production of photos and films - with my big theme ” A glittering moment ”.
Paying attentiton to people who are active in various fields so that I travel all over Japan and occasionally overseas.

Since 2007, I’ve started to hold a private exhibition and collaboration project with apparel industries. also I have been done magazines,advertisements,papers,events,DVDs,PVs,and CMs.

In my own style viewpoint, I mix natural movement and shining smiles into my works.

掲載写真・映像
Work’s

ROME SDS web/カタログ/広告/イベント
SPY OPTIC web/広告
INZIST web
FLV web
NIKE NSW web/カタログ/イベント
NIKE 6.0 web/カタログ/イベント
NIKE GOLF web/イベント
NIKE RUNING web/イベント
NIKE ROCK STAR workout イベント
BTM 広告
SCAPE 広告
TENGU 広告/カタログ
AA 広告/カタログ
unfudge web/カタログ
B-DASH web
SAPPY アパレル制作
DEPT 広告/アパレル制作
high cascade 広告
REDBULL イベント
バイシクルバイブル 掲載
カジカジ 掲載
Lightning 掲載
COOL trance 掲載
ZOUSS 掲載
HEART 掲載
Bicycle magazin 掲載/テキスト
TRANSWORLD SNOWBOARDING 掲載
FREERUN 掲載
SNOWSTYLE 掲載
SMX PV/web
NO☆GAIN PV/web
麒麟 PV/web
havoc web
など…

個展
private exhibition

2007 MESSNGER B-DASH PRESENTS「CYCLE FOUNDATION」@digmeoutcafe
A.D.P… ALL STARS 「BLACK WHITE & COLOR」@Towercafe

2008 GEEK GARAGE@DEPT
Pal@Folio
A.D.P… ALL STARS 「BLACK WHITE & COLOR」@Towercafe

posted by Staff |~_~| at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

ROME SDS|The Decade Collectionがリリースされます

decadecollectionmarquee.jpg

ブランド創設10周年を記念してThe Decade Collectionがリリースされることになりました。
つい最近リニューアルされたばかりの11/12 RomeSDSウエブサイトにコレクションの発表と感謝の声明が掲載されていますのでご紹介します。
BOARD、BINDINGのプロダクトはWEBに公開されていますのでこちら→http://www.romesnowboards.comからご覧ください。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

The Decade Collection

Rome Snowboard Design Syndicateを立ち上げてから10年が経ちました。フェイスショット、スノーボーディングの楽しさ、進歩、スタイルを追い求めてイノベイティブなプロダクトを作り出すために、毎日滑りにいくライダーを集めよう、という考えが元にありました。

10年かかり、そうしたライダーたちの経験の集合体がSDSを今ある姿にしました。北米大陸を何度も走ったバンでのツアー。その日最初のリフトチェア。春先のパークでのラップ。自分で作るホワイトルーム。人が多すぎて不快なモーテルの部屋。シュレッドビデオの撮影と編集。ショップの駐車場でのジブ・イベント。プロダクト・デザインにおける新しいアイデア。完璧なメソッド。ティファナでのAny Meansのプレミア。深夜まで続くレール・セッション。レップたちとのミーティングでのキャンプ。シーズン前と後のハイク。こっそり貼ったポスターや他のプロパガンダ。ボードのグラフィックに関する延々と続く議論。Live Nude Girlsグラフィックのボードに初乗り。Premature Jibulationsイベントで始まるシーズン。「X, The Magazine」の原稿を書きながらキャプテン・アルと大笑いする。LNPやStaleといったライダーが無名のローカルからプロライダーへと変わっていくのを見守る。タホの安宿での未だ語られていない話。Agent、Artifact、390などのエンジニア面での楽しさ。

10周年を記念して、ここにRome SDSはリミテッドエディションのThe Decade Collectionをリリースします。そしてこの10年、パウダー・スラッシュやパーク・ランなど、我々とともにシュレッドして楽しいときを過ごしてくれたすべてのスノーボーダーに心から感謝します。

Agent、Artifact、390は、この10年間楽しさを生み出しているRomeラインのなかでもバックボーンの位置にあるものなので、2011ディケイド・コレクションではAgent Rockerを2レングス、Arifact Rockerを2レングス、390 Bossをリリースするとともに、Drifterジャケット、Tシャツ、キャップなどもラインに加えます。ボードは両方ともにこの10年のグラフィック・デザインへのオマージュとして、各モデルのグラフィックのヒストリーを取り入れたアートとなっています。Drifterジャケットと390 Bossバインディングは、広告予算がまったくなかったRome初年度にリフトのタワーや壁、トイレのスツールなどあちこちに貼ったOG Romeストリート・ポスターをフィーチャーしています。

The Decade Collectionは2011年秋に発売です。
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

英文でご覧になりたい方はコチラからどうぞ
posted by Staff |~_~| at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

ROME SDS|11/12 RomeSDSのWebsiteがリニューアルしました

12_MQ_THANKSDECADE.jpg

2001年5月6日にアメリカ・バーモント州で創設されたRomeSDSは、今シーズン10周年を迎えます。
新しいプロダクトが見れるWebsiteがリニューアルされましたので是非ご覧になってください。 

http://www.romesnowboards.com







THANKS FOR 10YEARS!!
posted by Staff |~_~| at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

ROME SDS|FALL LINE 2012

110906fallline2012.jpg

いよいよ9月10日に年に一度のFALL LINE 2012が発売されます。
今号のコンテンツの一つ「Snow Cave Story」にRomeSDSライダー小嶋大輔が参加。白馬某山頂での雪洞泊からのサンライズアタックの写真が掲載されるようです。遠藤氏の素晴らしい写真が見れます。
さらにトリップ記事はダイスケが書いているそうなので、是非今冬のバイブルにスノーボードショップ、書店でお求めください。

Snow Cave Story
photo : Tsutomu Endo
rider : Ken Shibuya , Daisuke Ojima

発行・発売 : (株)双葉社
発売日 : 9/10(土)
定価:1,300円(税込)

daisuke_beer.jpg
お楽しみに〜

大輔のブログ→http://ameblo.jp/ojimanot
posted by Staff |~_~| at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月02日

ROME SDS|上野恋慈 in Mt.HOOD

rome_car0802.jpg

先週からMt.HOODのWindellsサマーキャンプでRomeSDSのシグネチャーセッション“Rome Week”がスタートしました。

Bjorn Leinesをはじめ、MFRやLNP、Lucas Debari、Johnny Lazz、Marie Hucalなどチームライダーが集まっている中、日本から上野恋慈が単身で参加しています。

彼はセッションが始まる2週間前、バイトの夜勤明けからそのままフッドへ行き、現地の友人を通じて宿を転々としてきました。Rome Weekが始まるまではパブリックパークを滑り、湖で遊んでスケートして初フッドを満喫。途中でルームメイトになったJESS KIMURAと撮影なんかもしてました。
フッド到着後からの日々を毎日更新しているので、彼のブログをチェックしてみてください。 BJのキャンピングカーすごいです。

こちら→http://ameblo.jp/spiny3/theme4-10039544967.html#main
DAY19まで更新されています



renji0802.jpg
Photo:KA2@A.D.P...
posted by Staff |~_~| at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

ROME SDS|POWDER PASSAGE ティーザー公開

9月下旬にLIFESTYLE PROJECTから発売される1st DVD「POWDER PASSAGE」にRomeSDSライダー小西隆文が出演しています。 待望のティーザーが公開されましたので是非ご覧ください。

LSP11-12 "POWDER PASSAGE" TRAILER from JECO FILMWORKS on Vimeo.



"POWDER PASSAGE" TRAILER
出演:布施忠,小西隆文,平岡暁史
スノーボーダー布施忠,小西隆文を中心に彼らのシーズン中の滑りが堪能出来る作品"POWDER PASSAGE"の予告編です。
ロケーションは、カナダのウィスラーの広大なスキー場やバックカントリー、日本では東北から極上の雪質の北海道の十勝岳。
布施忠が所属するYES.NOW.BOARDの日本トリップも収録。

日本の極上パウダーからカナダの広大なロケーションでの豪快な滑りをどうぞ!!
"POWDER PASSAGE"9月下旬発売。

Music : For Fear of Time Machines
Band : The Burning of Rome
Albam: DEATH-POP
theburningofrome.com

Music : Corprophagist (A Bath Perhaps)
Band : Thee Oh Sees
Albam: Castlemania
theeohsees.com

LIFESTYLE PROJECT
http://www.lifestyleproject.info/2top.html
posted by Staff |~_~| at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月19日

ROME SDS|The Shred Remains ティーザー公開

11_web_tsr_teasermarquees.jpg

今秋発売のRomeSDSチームムービー“The Shred Remains”のティーザーが公開されましたのでご紹介します。
Featuring: LNP, MFR, Lucas Debari, Bjorn Leines, Stale Sandbech, Rusty Ockenden, Johnny Lazz, Will Lavigne, Marie Hucal, and the AM Army.

posted by Staff |~_~| at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

RomeSDS|Catching up with Bjorn Leines インタビュー

RomeSDSのWEBサイトでチームライダーBjorn Leinesのショートインタビューがアップされましたのでご紹介します。

今シーズンはCELTEKやRomeチームを集めてバックヤードセッション“JIB FARM”を行い、Lucas DeBariやMFRとバックカントリーで、16歳年下の Ståle Sandbechとパークでの撮影を楽しんでた様子。今年で34歳になるBJだが、相変わらずジャンルレスな滑りとスタイリッシュな動きは健在です。 来シーズンはもっとレールの映像やフォトを増やすと意欲を語り、今秋に発売するRomeSDSチームDVD“The Shred Remains”の撮影話もありますので、ぜひご覧ください。Shred Till Dead(死ぬまでシュレッド)

*オリジナル記事(英語版)はコチラです


bjorn_method_cc1_web0707_1.jpg

Q_2011年は記録的な豪雪だったけど、君のシーズンも同じぐらいすごかった?
うん。ここんとこないぐらいに、かなりパウダーを楽しめた。雪が降りすぎて撮影に支障が出そうになるぐらいだった。5月にスーパーパークでパークジャンプをヒットして初めて、それまではパウダーしかライディングしてなかったことに気づいたぐらい。

Q_じゃあ、「パウダーハウンド」(パウダーを追っかける人、パウダー狂)だ。
あはは。バックカントリーではずいぶんライディングしたけど、今シーズンはすごかったね。嵐、嵐の連続で。

Q_これだけ嵐が来たんだけど、ライディングの場所のトップ3はどこ?
ブライトン、スノーバード、ウィスラーのバックカントリーかな。でも3つじゃ少なすぎる。ジャクソンもかなり良かったし。

bjorn_mohawk_cc1_web0707_2.jpg

Q_昨シーズンRomeチームとライディングしていて最高の思い出は?
ミネソタでのジブ・ファーム。自分ちのバックヤードだったし、焚き火あり、他のフィルマーたちとの争いはなかったし。ルーカスと楽しく過ごせた。

Q_他のメンバーでいうと、撮影で何日か一緒にいたと思うけど、誰といちばんシュレッドしたい?
パークではステイル、バックカントリーに行くならルーカスやMFRとのライディングは楽しかったよ。

Q_一日中撮影した後で、いちばん臭かったのは?
LNPだ。

bjorn_hscs_cc1_web0707_3.jpg

Q_撮影中いちばん誰に文句言った?
ラズ。でもそれはあいつが原因だから。

Q_チーム全体のなかで、年取るとDepend(←多分老人用紙おむつ)をいちばんつけそうなのは?
ハハ。オレかラズかな。ラズがつけるのは想像できる。

Q_ビデオにはたくさん出てるけど、The Shred Remainsの撮影は他のビデオと比べてどうだった?
チームビデオを撮影するのはいつでも楽しい。Romeチームは最高のクルーだし。ボリールでみんなとライディングできたのはクールだったし、ステイルと一緒の数日もよかったよ。

img_97310707_4.jpg

Q_Rome以外のクルーとトリップに出ることは?
トラビス・ライスやBrain Farmの連中と撮影した。ニューフィルムが出る予定で、一緒に仕事できたのは楽しかった。

Q_The Shred Remainsのキャッチコピーを考えないといけないなら、どんな感じになる?
「Shred Till Dead」(死ぬまでシュレッド)。失われた日を取り返すためにボリールでは6月1日まで撮影していたんだ。

Q_The Shred Remainsの自分のパートについてはどう思う?
自分のライディングとパートには納得しているけど、満足するということはない。多分そういうヤツなんだろう、オレ。それが次のライディングへと向かわせてくれる。

Q_来シーズンどんなことを君から期待できる?
レールでのショットをもっと撮りたい。パウダーでのライディングについてはいいシーズンだったけど、よりアーバン(ストリート)のフィーチャーを取り入れたいと思っている。

Q_3つの単語で今シーズンを総括するとしたら?
Chasing the storm. (嵐を追いかけて)


おまけ映像
SuperParkセッションでのBJ。一番初めに出てきます。

High Cascade Superpark 15 from High Cascade Snowboard Camp on Vimeo.




 
posted by Staff |~_~| at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

ROME SDS|Ticket to Alaska: レポート Part 3 of 3

11_web_ticketak_part3.jpg

次の二日はパウダーを楽しんだが、視界が悪く写真の出来はもうひとつだった。翌日はまさにホワイトアウト。シュレッドの合間にはRVでハングアウトしていた。

rv_party_AK1.jpg

休憩が終わると、シュレッド再開。

rv_scoping_AK2.jpg

Tyler dropping a line.

tyler_rock_drop_AK3.jpg

George getting some.

george_carve2-edit_AK4.jpg

トンプソン・パスで数日過ごした後のRVの中は7人の生活の跡がありありと残っていた。

rv_kitchen_AK5.jpg

rv_back_AK6.jpg

ボードもシャワー室に仕舞っていた。

rv_shower_AK7.jpg

アンカレッジ出身のHeidiからのアドバイスに従い、晴れた空と暖かくてきれいなベッドを求めて僕たちはガードウッドのアリースカ・リゾートに向かった。2部屋とリフトチケットを確保し、典型的なアラスカでのシュレッドではないもののリフトに乗って山に入り、その日も大いに楽しんだ。一日違いでガードウッドを襲った嵐を体験することはできなかったが斜面での風は強く、誰も滑っていないところでのライディングを楽しむことができた。

alyeskaAK8.jpg

来年トンプソン・パスに行くなら、ローカルたちの横に自分のキャンプをセットアップしようと思っている。Jorge’s Cantinaで僕とJoel Clineを探してほしい。ワッフルとチキンを売ってここでのライディングの予算を捻出しようとしているから。アラスカで会いましょう!




posted by Staff |~_~| at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

ROME SDS|Windells サマーキャンプ SESSION 1動画

オレゴン州のMt HOODでサマーキャンプのシーズンがスタートしました。
先日“SESSION 1”の動画が公開され、オープニングにRomeSDSライダーJOHNNY LAZZが出演していますのでご紹介します。

朝からスノーボードして、夕方からスケート。日が長いので一日中滑ることができます。そのほかにもBBQや様々なアクティビティなどあって、夏のスノーボードも最高です。 
7/27〜8/3の“SESSION 6”はRomeSDSチームのシグネチャーセッションで、BJ、LNP、STAALE SANDBECH、MARIE HUCALらがコーチとして参加する予定です。



SESSION 1のスケートパークの動画もどうぞ

Session 1, 2011: Skateboard from Windells on Vimeo.



posted by Staff |~_~| at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

ROME SDS|as always ティーザー公開

NEO_JKT_OMOTE_01.jpg

RomeSDSチームライダーの伊藤直樹と、Ranchチームライダーの瀬上豪晴が出演するNEOIMPRESSの新作「as always」のティーザーが公開されました。


以下、プロデューサーのMK氏からのコメントです。
NEOIMPRESS 8th Snowboarding Film『as always』
様々な事があった昨年、色々な意味を込めてこのタイトルに決定しました。
as always=いつも通り

岐阜県と福島を拠点に良質の雪を求めて本州を移動しつづけるNEOIMPRESSクルーの
「as always」なスノーライフスタイル。
今年はロケーションのスケールは格段に大きくなり、Freerideの幅が広がってます。
個々のスキルも上がり、結成から9年やっと良い形になってきたと感じております。
音源はいつも通り、Original音源です。

rider: 林伸二郎・清水大輝・東裕二・赤川陽輔・早川健太・厚地雄三・旭立太・
    古川太郎・瀬上豪晴・伊藤直樹 and more

発売元:Champion Visions





posted by Staff |~_~| at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

ROME SDS|Ticket to Alaska: レポート Part 2 of 3

11_web_ticketak_part2.jpg

その夜の後半は昔の友だちとの再会を祝い、ローカルの人たちと知り合った。このイベントに参加するクールな人たちがいて、彼らは、地球上で最高の場所でシュレッドしたいというただひとつの理由のためにここに来た熱心なライダーたちだ。トンプソン・パスに行くと、その場所独特の(でもヒッピー的ではない)雰囲気にインスパイアされることだろう。

kyle_finger_2_1.jpg

BBQの準備をしていると主催者がキャットでやってきて、雪をどけてキャンプを盛り上げるのに薪を持ってきたほうがいいかと聞いてきた。もちろんだ!ということでテールゲイト・アラスカでの最初の夜はちょっとしたパーティとなった。火のまわりでホットドッグを作って、ボードを準備して、ビールを飲んだ。コンテスト・ウィナーのひとりであるSteph Bakerはスノーキャットに乗っていた。

steph_riding_in_the_snowcat.jpg

tailgate_rome_2_3.jpg

tailgatemorning_view_2_4.jpg

tailgatemorning_view2_2_5.jpg

次の日の朝、出発の前に駐車場を歩いていると、テールゲイト・アラスカの駐車場の道を隔てた向こうに別のキャンパーのグループがいるのを発見した。彼らはトンプソン・パスを毎年シュレッドしているローカルたちだろう。毎年テールゲイト・アラスカのベースキャンプから出るキャットとかそりに乗るためにやってくる。テールゲイト・アラスカへ参加すると毎日BBQにありつけ、アラスカのビールもタダなんだが、その在庫も20分ぐらいしか持たない。僕たちは滑っているので、タダメシとビールにありつけたことは一度もなかった。だがテールゲイト・アラスカのイベントがなければ、キャットやそりの運転手はパスには来なかっただろう。とにかくこの日のライディングの写真ばかりでも飽きると思うので、下の写真からアラスカにどれだけの量の雪が降るかを見てほしい。

getting_out_of_the_cat_2_6.jpg

getting_ready_to_drop_2_7.jpg

graham_slash_2_8.jpg

graham_slash2_2_9.jpg

概ね好天のこの日のシュレッドは素晴らしかった。アラスカでは天気がどうなるかは予測できない。初日が好天で視界が良かったことはラッキーといえるだろう。バックカントリーで一日滑ったあと、トンプソン・パスにあるテールゲイト・アラスカの駐車場に設置されたベースキャンプに戻り、夜には薪割りコンテストというエンタテインメントも用意されており、楽しく過ごすことができた。

ax-throw-gif_2_10.gif

Part 3 of 3 へ続く…

tailgate_fire_2_11.jpg




















posted by Staff |~_~| at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

ROME SDS|佐藤夏生がスノーボードカナダの月間MVPライダーに選出

少し前になりますが、RomeSDSライダー佐藤夏生がCanadaのスノーボードサイト“SBC WOMEN.COM”の月間MVPライダーに選ばれました。 

Natsuki_Lifestyle.jpg

Since moving from Niigata, Japan to Whistler three years ago, Natsuki Sato has dominated most of the major events to hit B.C. This season alone Natsuki won her second consecutive You Look Good Rider’s Cup, the fourth stop of the Billabong Flaunt It series, the Roxy Chickadee Jam and the Red Bull Butter Cup at Whistler. She’s a regular fixture on slopestyle and rail jam podiums but definitely stands out in slope with big spins like her switch back 7. Even with a heavy competition schedule, Natsuki has found time to film for the all-girl Japanese snowboard movie “GiRL.” With yet another great season behind her, it won’t be long before Natsuki makes her mark on the international scene in women’s snowboarding.

3年前に日本(新潟)からウィスラーにやってきて以来、佐藤夏生はBC州で開催されるほとんどのメジャー大会で勝ってきた。
今シーズン夏生は、YouLookGoodRidersCupを2年連続、BillabongFlauntItシリーズの第4戦、RoxyChickadeeJam、RedBullButterCupで優勝。
彼女はもうスロープやレールジャムでの表彰台の常連だが、それよりも彼女のビッグスピントリック「スイッチバックサイド720」で知られている。
大会スケジュールで忙しい中も、日本の女性スノーボードムービー「GiRL」の撮影にも精力的にこなす。
まだこれからも続く素晴らしいシーズンと共に、彼女が女性のインターナショナルシーンで成功するのも遠くない話であろう。

- - - - - - -

と綴られています。
インタビュー全文(英語)はこちらからご覧下さい→http://www.sbcwomen.com/riders_article?news_id=692

そして、そのインタビュー内容を翻訳しブログに掲載されている、CSBAの高石周コーチのブログ記事はこちらです→http://sportscoaching.blog72.fc2.com/blog-entry-324.html

今後の活躍に期待です。
おめでとう、夏生!

Natsuki_Action.jpg

佐藤夏生のセットアップ
BOARD / LO-FI 147cm
BINDING / MADISON [White/Aqua]
OUTERWEAR / STANCE JKT[Oil&Water] × KEEF PNT[Sundown]
GLOVE / Old561 Mitt

佐藤夏生のBLOGはこちらです。



posted by Staff |~_~| at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

ROME SDS|Ticket to Alaska: レポート Part 1 of 3

11_web_ticketak_part1_1.jpg

Romeは今年初めにショップスタッフによるセールスコンテストを行い、アラスカでRome SDSクルーと共にシュレッドするための数人を選んだ。コンテストで勝った4人はアンカレッジへと飛び、プロダクトデザイナーの1人であるジョージ、カリフォルニア担当のレップたちと合流し、RVで1週間暮らすことになった。狭い所に7人が1週間暮らすと聞くと、とても快適な環境とは思えないかもしれないが、急勾配のパウダーライン、バーベキュー用の食材、数ケースのドリンクと揃っていたので、アラスカでのシュレッドという忘れられない1週間のお膳立ては整っていた。以下は3回に渡ってお届けする、Georgeが語るアラスカでのアドベンチャーの第1回目である。
英語記事はこちら→http://www.romesnowboards.com/news/entry/298/
- - -

1_mountains_and_road_2.jpg

シアトル空港で2時間ほど遅れてしまったので、いちばん近くのバーへ向かいビール片手にタコスをつまんでいると、去年のテールゲイト・アラスカでの「クイーン・オブ・ザ・ヒル」Vera Jensenn(Nikita、Nitro、Dragon)から声がかかった。僕が引っ張っているRomeギアを見て、同じ所へ行くということがわかったみたいだ。2人でビールを飲みながら、Veraの旧友John Graham(カリフォルニア担当レップ)とこれから会うということを伝えると、彼女は目的地のヴァルデスへ真っ直ぐ行くのではなく、アンカレッジで一晩だけ大騒ぎしようと急遽予定を変更した。

night1hotel_3.jpg

マウントフッド出身の旧友Heidiがホームタウンのアンカレッジへと2年前に引越し、ガードウッドにあるアリースカ・リゾートで働き始めたのだが、彼女からはたくさんの地元のバーに関する情報を仕入れることができた。うまくて安いメシが食える「F-Street」、ビリヤードも楽しめる「The Anchor Bar」、ライブがウリの「The Pioneer」と渡り歩いた僕たちだったが、アンカレッジで楽しい夜を過ごしたいなら、同じコースを辿るといい。実際僕も翌朝、どこかで無くしたクレジットカードを探して同じコースを辿ることになってしまった。

wanna_party_4.jpg

二日酔いと戦いながら、RVに乗って1週間分の買い物に繰り出した。チキン、ビール、さらにチキン、トナカイのソーセージ、カップラーメン、そしてRomeがらみのイベントでは主食といえるホットドッグ。必要なものをすべて買い込んだ頃には、空港に行ってコンテストでの勝者をピックアップする時間になっていた。その後はRVを駆り、テールゲイト・アラスカに向けてヴァルデスから少し離れたトンプソン・パスへとひたすら走る。アンカレッジからトンプソン・パスへは使う道路は2つだけ。ルート1でグレナレンへ、そしてルート4(リチャードソン・ハイウエイ)。簡単で、天気がよければ景色も最高の6時間ドライブだ。途中車を止めてトイレ休憩できるところや、写真を撮ったりできるところはたくさんある。

ak_panorama_5.jpg

僕は運転手をずっと務めていたけど、他のメンバーは移動中お互いを知り合い、早速パーティ・ムードになっていた。メンバーの大半はこの車中が初対面だったので、アルコールがいいきっかけになったようだ。長いドライブだったので、ビール、ドミノ、カードゲーム、音楽などとともに「おっぱい見せてよ」と書いた看板を作ったりして、僕たちは時間をつぶしていた。

tits_sign_6.jpg

Contest winners Tyler Burke, Luke Darigan, Kyle Miller, & Steph Baker

rv_group_7.jpg

長旅を終えてやっと、世界フリーライディング選手権の別名を持つテールゲイト・アラスカに到着。多くの人がそれぞれに微笑みを浮かべながらハングアウトしているが、みんな目的は同じ、スノーボーディングなのだ。ここが駐車場への入り口(この泥を見よ)。

tailgate_entrance_8.jpg

テールゲイト・アラスカへ行くなら、ゴム長靴を持っていくことをお薦めする。ローカルの人たちはほとんどが履いていたが、無しだと駐車場の泥がひどすぎて普通に歩くことすら難しい。特にビールを飲んだ後では。スケート・シューズとスノーボード・ブーツしか持ってこないというミスを犯すと、足が非常に不快になるだろう。

車を停めるとボードを取り出して、フリーライドコンテストが行われるブロボウルへのそりに乗せてもらって早速ひと滑りしに行ったメンバーもいた。

the_crew_doin_some_sleddin_.jpg

当然だが、着いてすぐ滑りに行った連中はその夜もずっとご機嫌でにやにやしていた。他のメンバーはBBQのところに留まり、翌日に備えてギアの準備に余念がなかった。

hanging_at_the_lot_10.jpg

Part 2 of 3 へ続く…

george_reindeer_dogs_11.jpg
posted by Staff |~_~| at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

ROME SDS | 11-12 A-Xshigenobu メーカー合同試(6/4~5)

アクロス合同試乗会

6月4日・5日に愛媛県アクロス重信さんでメーカー合同試乗会が開催されます。

ROME SDSも参加させて頂きます。ROME SDSライダー小西隆文も参加します!!
ROME SDS NWEボードを試乗して、スノーボーディングを楽しみましょう。

是非、皆さん参加ください!!


以下、アクロス重信ホームページより

進化した、いまどきのスノーボード。だからこそ大切なのは道具選び♪
来て見て触る事から〜時間があれば乗って試す事から〜ワクワクする1年が始まるんです☆

今がチャンス! 2011年 6月 4日(土)・5日(日) ≪2日間≫

《出展エリア》 アクロス重信1F玄関前駐車場

《ア イ テ ム》 2011-12モデル スノーボード・他スノーボード用品

《貸 出 時 間》 4日→10:30〜16:30 / 5日→10:30〜15:00 
※試乗にはアクロス重信滑走券が必要です。

《試 乗 時 間》 4日→10:30〜17:00 / 5日→10:30〜15:30

《展 示 時 間》 4日→10:30〜17:00 / 5日→10:30〜15:30

《各 種 料 金》
 @、駐車場料金 無料
 A、試乗ボードの貸出→試乗 無料(身分証明証必要)
 B、試乗する為の滑走料 小人¥3700 大人¥4000

《試 乗 方 法》
 1、展示エリア内の赤いテント『A-Xブース』で身分証明証の提示+名前・住所を記入
  ↓
 2、試乗カードを持って、気になるメーカーブースへGO!
  ↓
 3、さらに気になるモデルを見つけて、スタッフに試乗カードを提示
  ↓
 4、スタッフの方があなたに合ったスタンスでセッティングしてくれます。
  ↓
 5、ゲレンデへ Let's Go!!!!!!

《返 却 方 法》
 試乗したモデルをメーカブースに返却  次の気になるモデルへ・・・

《注 意 事 項》
 ・各自、ビンディングをご持参下さい。
 ・4日ー17:00まで 5日ー15:30までにご返却下さい。
 ・その日の試乗が終わる時は「試乗カード」をA-Xブースにご返却下さい。

《5日は抽選会》
 試乗した人も、してない人も、みんな合わせて抽選会!
 1 、見に行った、試乗したメーカーさんからくじをGET!!
 2 、13時から各メーカーさんによる抽選番号の発表
 3 、呼ばれた色・番号のくじをお持ちの方は発表したメーカーさんへ

《お 問 合せ》
 アクロス重信 TEL:089-960-5577 担当:キクチ

posted by Staff |^_^| at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | +スノーボード News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。